网站近日测试,以前不显示图片问题已解决,可继续正常发表文章,谢谢支持!

新書:杮沼陽平《中国古代の貨幣》

发表于2015年-2月-28日  0条评论 

  • 単行本: 218ページ
  • 出版社: 吉川弘文館 (2015/1/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4642057951
  • ISBN-13: 978-4642057950
  • 発売日: 2015/1/20
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.2 cm

内容(「BOOK」データベースより)

人間の貨幣への欲望はいつ生じたのか。中国古代の出土資料から貨幣の起源を探り、秦漢帝国が「貨幣統一」をめざした真相に迫る。人びとの日常生活から、貨幣の社会的意味を解き明かし、現代貨幣の意義をも照射する。

 

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

柿沼/陽平
1980年、東京都に生まれる。2009年、早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)学位取得。現在、帝京大学文学部史学科専任講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

目次

中国古代貨幣の世界へ―プロローグ
貨幣と国家(中国貨幣史の源流
半両銭の形とその意味
戦国秦と半両銭
帝国貨幣の胎動)
競合する貨幣たち(戦国秦漢時代の物価制度
価格競争のゆくえ
複数貨幣の共存と競存
並存する経済圏
中国古代の市場で買う)
人びとをつなぐ貨幣(生計と日常
富貴を欲し、貧賎を悪む
買物帰りの風景
交換の原理と場
貨幣と贈与の作法)
中国古代貨幣の特殊性―エピローグ

來源

amazon.jp

请发表评论